「こんなの欲しかった!やりたかった!」をお届け

無料で役立つ情報を発信してます。一緒に生活レベル上げていきましょ!応援よろしくお願いします。

【30代】転職サイトを見る前にやるべきこと(失敗する理由は簡単)

こんにちは、IT系現役エンジニアのまりです。

f:id:mari3wp:20211106042712j:plain

今回は、会社の給料に不満があり30代で転職を考えている方に向けて記事を書いています。

今もらっている給料に不満のない方は、すみません。

これ以上読んでも価値がないです。

会社の給料が10万円下がって悩まない方はいないはず。

例えば、下記のとおり。

「家族のために毎日、仕事を頑張っている。

仕事では結果も出して、やっと主任に昇格した。

残業はするけれど給料も右肩上がりでやっと手取りが35万円を超えた。

マイホームも買い、子供に習い事もしてあげれるようになった。

これから、ばりばり働いてもっと稼ぐぞって思っていた矢先、会社の業績が悪化して急に残業ができなくなった。

今まで、残業手当で10万円出ていたのに、残業が出来なくなったせいで、手当がほぼゼロになり、手取りの給料が27万円まで下がった。

頑張って昇格したのに給料下がるて、どうしたものかな。

家のローンや子供の習い事もあるから節約が難しいし、もっと条件のいい会社で働けないかな。

でも自分はもう30代だし転職で失敗したくないし、どうやって始めればいいのかな」

こういった悩みを持つ方に向けて、記事を書いています。

30代で転職に失敗する4つの理由

f:id:mari3wp:20211106044012j:plain

結論から言うと、30代で転職に失敗する主な理由は以下の4つ。

・年収が高い時に、すぐに行動しないと転職先のポジションや年収が低くなる。

・自己分析ができておらず準備不足。

・転職支援サービスを利用しないで1人で抱え込む。

・30代の転職で未経験の分野に手を出す。

【30代】転職サイトを見る前にやるべきこと

毎日、働く会社で今の給料に不満がある場合、かなりストレスになります。

だからといって、いきなり転職サイトを見るのではなく、まずは簡単な自己分析から始めてみませんか?

なぜなら30代の転職は即戦力が期待されるからです。

自己分析する前に、転職サイトを見ても自分の強みや弱みが分かっていないと、自分に適した仕事とは違う方向にぶれてしまい、手戻りなど時間を無駄にしがち。

自己分析が今できていなくても、会社の難しい昇格試験を経験しているのなら、自己分析はある程度できるはず。

まずは自分を客観的に眺め、以下の5つ項目を文書化しましょう。

1.自分の強みを洗い出し、その強みを今後どうやって伸ばしていくか。

自分の強みは仕事の柱になり、柱が複数あると柱と柱が連動し、より大きな柱になり、自分だけの強みを客観的に認識できます。

2.自分の弱みを整理し、その弱みをどうやって補っているか。

自分の弱みがあることは決して悪いことではありません。

むしろ弱みがあるからこそ、他の人にはできない自分なりの工夫で無意識に弱みを強みに変えて、困難を乗り越えているからです。

3.プロジェクトを推進した時にぶち当たる大きな課題を洗い出し、それがなぜ課題なのかを論理的に説明できるようにする。

個人で簡単に解決できる課題を挙げるのではなく、業界特有の課題を洗い出せると良い。

4.3で洗い出した課題をどうやって解決したかを、論理的に説明できるようにする。

組織内の連携や、会社間の協業を絡めつつ、リーダシップを発揮して独自の工夫が入っていると良い。

上記1~4すべての項目でエピソードを交えると言葉だけでは飾れないため説得力が増す。


簡単に自己分析する方法はこちら


f:id:mari3wp:20211106044227j:plain

5.自己分析がある程度できたら、完全無料の転職支援サービスに登録しましょう。

転職支援サービスでは、専任アドバイザーが自分が希望する職種や労働条件に絞って、非公開求人含め紹介してくれます。

6.紹介してくれた求人情報を1件1件確認し、自分の強みがより発揮できる企業に応募します。

未経験の分野は20代ならポテンシャルで見られるので気にしなくていいですが、30代の場合は即戦力が期待されるため、結果を出す自信がないなら失敗しないためにめも未経験の分野は控えた方が良いです。

その辺も含め、専任アドバイザーが応募書類や自己分析の添削、面接日程の調整や対策まで、親身になってアドバイスをしてくれます。

企業への内定が決まると、配属場所や地位など労働条件の交渉や入社後のフォローまで完全無料で対応してくれます。

そのため専任アドバイザーがいないと内定できても転職先で主任になれなかったりするので無料の転職支援サービスを使うことをおすすめします。

まとめ

f:id:mari3wp:20211106043815j:plain

30代で転職に失敗する主な理由は以下の4つ。

・年収が高い時に、すぐに行動しないと転職先のポジションや年収が低くなる。

・自己分析ができておらず準備不足。

・転職支援サービスを利用しないで1人で抱え込む。

・30代の転職で未経験の分野に手を出す。

せっかく頑張って主任に昇格したのに残業手当がでなくて、今までもらっていた給料より下がっているなら、条件のいい会社に転職して人生変えてみませんか?

サラリーマンは残業手当がないと稼げないため、家のローンや子供の将来のことを考えると不安になります。

転職活動は会社を辞めずにはじめることができるので、少し大変かもしれませんが、後悔する前にとりあえず自己分析から始めませんか?

特に転職する時は今もらっている年収を元に転職先の企業と交渉するため、年収が下がると転職先の給料にも影響がでるため、年収が高いうちにすぐ行動しないと後悔します。

会社の業績が傾いて残業できない方針になると、業績が好転しない限り、会社の方針が変わることはありません。

それどこか、会社が人件費を抑えることに味をしめて、昇格者の人数を絞ることも容易に想定されのだから。

ここまで読んでくれた方には、今後、自己分析ができたら親身になって一緒に考えてくれる専任のアドバイザーが必要になると思いますので、無料の転職支援サービスをリスト化して置いておきます。

先端技術・イノベーション領域に強いエンジニア向け

20代後半~30代半ばまでの男性向け

SE・営業経験者向け

IT系のエンジニア向け

IT系のエンジニア、Webデザイナー向け

IT系のエンジニア、Webデザイナー向け

気になる方は、公式サイトもブックマークしてくださいね。

この記事が参考になった方は、いいね!をお願いいたします。